君は本の匂いがする

  • ポイントキャンペーン

君は本の匂いがする

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408394534
  • NDC分類 914.6

目次

君と初めて言葉をかわしたのは、本屋さんだった
君を待っている間に本を読むのが好きだ。
僕が君を好きになったのは、あの本を子供の頃読んだせいだった。
その本と出会ったのは決して偶然ではない。
子供の頃に読んだ本で、君の一生が決まっている。
子供は父親から与えられる本で、父親の人生を学ぶ。
読書は、内なる世界への脱出。そこを通らなければ、外なる世界への脱出はできない。
本が身近になかった子供のほうが、本を好きになる。
本を読むということは、心に写し取るということだ。
地図帳一つあれば、世界中を冒険できた。〔ほか〕