じっぴコンパクト新書<br> テレビドラマでわかる平成社会風俗史

個数:
電子版価格 ¥940
  • 電書あり

じっぴコンパクト新書
テレビドラマでわかる平成社会風俗史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月24日 18時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408338705
  • NDC分類 778.8
  • Cコード C0274

内容説明

ドラマをよーく見れば、時代を象徴する要素が散りばめられている。平成の30年間といえば、バブル真っ盛りから「失われた20年」といわれる経済低迷への日本社会の変化。世の中の恋愛観や職業観が大きく変わった。そこが変われば、恋愛ものや職業もののテレビドラマの演出も変わる。ドラマは社会の鏡なのだ。平成の30年間を通じて、ドラマはどんな変化を遂げたのか。改めてドラマを振り返って、時代背景を読み解いていこう。

目次

第1章 平成のブーム・流行を映し出したドラマたち(バブル経済と併走したトレンディドラマ;平成日本を覆った「ぼんやりとした不安」 ほか)
第2章 ゆとり・格差・家族と学校…平成の社会を描く(受験戦争とリンクする平成の社会システム;ママカーストとマウンティングの人間関係 ほか)
第3章 いろんな面でボーダーレス…平成時代の男と女(「不倫ドラマ」の昨日・今日・明日;LGBTに見る多様なあり方の可能性 ほか)
第4章 平成ドラマを支えたスタッフとこれから(国民的ドラマ「朝ドラ」、復活への道のり;脚本こそがテレビドラマの生命線である ほか)

著者等紹介

影山貴彦[カゲヤマタカヒコ]
1962年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。同志社女子大学メディア創造学科教授。専門は「メディアエンターテインメント論」。元毎日放送(MBS)プロデューサー、名誉職員。朝日放送(ABC)ラジオ番組審議会委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。