ワッグルゴルフブック<br> 世界のスポーツ科学が証明するゴルフ新上達法則

個数:
電子版価格 ¥970
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ワッグルゴルフブック
世界のスポーツ科学が証明するゴルフ新上達法則

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月02日 03時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 176p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408337678
  • NDC分類 783.8
  • Cコード C0075

内容説明

「右手?左手?」には答えがある!エビデンス=根拠がモヤモヤを解消!

目次

ゴルフの謎はすでにこんなにも解き明かされている(Swing Evidence;Putting Evidence)
第1章 あなたの頭に巣くう誤解の数々を解き明かすスイングのエビデンスとその活用法(左ヒジの“引け”改善には運動パターンの再構築が必要;プロに比べアマチュアは右足に体重を乗せ過ぎ、左足に移動するのが遅い;上級者のグリップは切り返し後に一瞬弱まっている ほか)
第2章 ゴルフ界にはびこる思い込みをくつがえすパッティングのエビデンスとその活用法(インパクトへのはやる気持ちを抑える振り子のイメージ;J.スピースのようにボールではなくカップを見て打つほうが入る?;ストローク中、頭はパターヘッドと反対方向に動いている ほか)

著者等紹介

鈴木タケル[スズキタケル]
幼少時からゴルフに親しみ、ツアープロを目指す。30歳からティーチングの世界に進み、2010年ティーチングプロA級取得。左打ちを取り入れた上達法「スイッチゴルフメソッド」を考案し10年PGAティーチングアワード奨励賞受賞。12年には指導者を教える専門指導員に就任。国際武道大学大学院ほか、研究機関でゴルフを研究。ドイツ・ライプチヒ大学への3度にわたる短期留学を経験し、同大学公認コオーディネーショントレーナー資格を取得。1976年生まれ。静岡県出身

一川大輔[イチカワダイスケ]
東洋大学理工学部生体医工学科准教授。東洋大学スポーツ健康科学研究室(川越キャンパス)室長。筑波大学大学院体育研究科修了(修士:体育学)、山梨大学大学院医学工学総合教育部修了(博士:医科学)。運動生理学、スポーツバイオメカニクスの専門研究者として活動。1976年生まれ。富山県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

コツや経験値で語られるゴルフ上達法を、学術的なエビデンスに基づき一刀両断。正しい理解が確実な上達を約束する必読の書。