じっぴコンパクト新書<br> 地形を感じる駅名の秘密 東京周辺

個数:
電子版価格 ¥777
  • 電書あり

じっぴコンパクト新書
地形を感じる駅名の秘密 東京周辺

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年08月20日 09時09分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408337609
  • NDC分類 686.53
  • Cコード C0225

内容説明

東京の地形が凸凹していることが広く知られるようになり、渋谷駅が「谷」にあってどこに行くにも坂であることもすつかり有名になりました。では、同じく「谷」がつく千駄ヶ谷、四ツ谷、市ヶ谷はどうでしょう?駅名の由来はさまざま。駅の立地を表す場合もあれば、住居表示だったり、近くの著名な地名にあやかったり。答えを知る前に、駅名から、地形散歩を始めてみましょう!

目次

序章 地形を示す駅名はJRと私鉄でこんなに違う!
第1章 「山」の付いた駅名いろいろ
第2章 「山」の付いた駅名“考察編”どういう経緯でその「山」に?
第3章 実は低地にも多かった!?「丘」「台」駅名いろいろ
第4章 ぐるり一周、山手線の地形を見てみよう
第5章 好まれ避けられ様々な!?「谷」の付いた駅名
第6章 地域を物語る「坂」「島」駅名

著者等紹介

内田宗治[ウチダムネハル]
フリーライター。1957年東京生まれ。実業之日本社で旅行ガイドブックシリーズ編集長などを経てフリーに。旅と散歩、鉄道、自然災害、産業遺産に関するテーマで主に執筆。廃線跡歩きと廃川(はいせん)跡歩き、「歩き鉄」(歴史ある路線沿いを歩き尽くす)を実践中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ダイレクトに地形を感じさせてくれる「谷」のつく駅、「山」のつく駅。ホントに谷や山があるのか? 駅名と街の秘密に迫る本。