じっぴコンパクト新書<br> 古代史が解き明かす日本人の正体

個数:

じっぴコンパクト新書
古代史が解き明かす日本人の正体

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 04時37分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408337081
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0221

内容説明

予測できない新たな時代の節目に、日本がどこに向かって進めばよいのか。その答えは古代史にある。では、古代史を学ぶことがいったい何の役に立つのか―。古代史がわからなければ、「日本人とは何者なのか」がはっきり理解できず、そして「何をすべきなのか?」の答えが出てこない。今まさに、日本という国について、立ち止まって、目を向けるときではないか。

目次

第1章 世界に類を見ない「天皇」の存在とは(人類はいつかは滅びるもの;「天皇は無防備だから守られた」は本当か ほか)
第2章 日本独自の信仰「神道」の秘密(自己の信仰の本質と価値を知らない日本人;言葉に霊力があると信じた日本人 ほか)
第3章 日本人の本当の「戦争倫理」(戦争と神は強く結びついた関係;神祇祭祀の中心に立っていた天皇と物部氏 ほか)
第4章 日本人と日本がこれから「歩むべき道」(「院政」の謎を解かないと、天皇の実相が見えてこない;なぜ、実権のない天皇の墓が大きかったのか ほか)

著者等紹介

関裕二[セキユウジ]
歴史作家。1959年千葉県柏市生まれ。独学で古代史を学ぶ。1991年に衝撃的なデビュー作『聖徳太子は蘇我入鹿である』を発表以来、意欲的に古代をテーマにした執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

古代史研究家の奇才が、古代史家の視点から、天皇や宗教、文化など日本人の根底にある、精神や美意識、感性などを解き明かす。