マンサンコミックス<br> 静かなるドン 〈7〉

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

マンサンコミックス
静かなるドン 〈7〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408161198
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しいたけ

54
ドンちゃんの父親が⁉︎まさかの⁉︎だった巻。母親、わけわからん。2020/05/28

コウメ

43
静也の母親が息子(静也)がカタキの仕事を辞めるように説得、しかし静也が拒否したため下着会社の上司で静也が惚れている萩野を誘拐。そしてその萩野さんを大阪の鬼州組に売り飛ばそうとするが、静也がきずき、総長単独で侵入し奪い返す。サングラスをかけなければ優しいおっちょこちょいのお兄さんなのにサングラスかけるだけでチート級に強くなるし(笑)クレヨンしんちゃんのあげよ先生並2019/11/14

池野恋太郎

3
ストーリーが濃くなってきた。ギャグ漫画の方がよかったけど鳴戸さんがずっとスーツを逆に着てるから許す。2019/08/27

1
3 自分の実の父親が二代目じゃなかったと判明した静也は、即座に引退を宣言。こいつ、マジでヤクザをやる気が全くないんだな。必死に引き留める母親は秋野を元凶とみて大阪の遊郭に売り飛ばす。うーん、やりたくもないヤクザをやらされている静也もある意味被害者、やる気のない親分に振り回されながらも担がなきゃいけない組員たちも被害者、さんざん誘拐される秋野は当然一番の被害者。あえて言うなら嫌がる静也をドンに留めたがる母親が元凶だよな。もちろん、彼女には夫の組を守るという使命があるんだということはわかるが。2021/02/09

koishikawa85

0
無料版はこの巻まで。これでおしまいである。2015/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/420158

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。