東京戦後地図 ヤミ市跡を歩く

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

東京戦後地図 ヤミ市跡を歩く

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年03月31日 01時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784408111940
  • NDC分類 213.6
  • Cコード C2025

内容説明

繁華街の路地の一画の古びた飲み屋街。ビルの地下のいささか場違いな飲食店街。東京の片隅に残る、戦災からの立ち直りを刻んだ土地と人の記憶。よみがえる戦後の盛り場。貴重路面図で探訪する東京。

目次

上野―青空市場の「ノガミの闇市」から巨大商店街の「アメ横」へ
浅草―敗戦の混乱の中、いち早く伝統の露店が復活した浅草寺界隈
谷中―戦後から変わらない貴重な木造アーケードの横丁
神田―多層構造の高架橋によって生まれた神田ヤミ市跡の独自性
秋葉原―露天商たちが築いた秋葉原電気街
新橋―ヤミ市の発展形態のすべてが詰まった歓楽街の見本市
有楽町―戦後の有楽町を象徴した飲食店街「すし屋横丁」物語
銀座三原橋―三十間堀川埋立てをめぐる銀座の露店換地事情
池袋東口―繁華街の発展に影響を与えた東口ヤミ市の露店換地
池袋西口―六〇年代まで戦後が残った駅西口の連鎖商店街〔ほか〕

著者等紹介

藤木TDC[フジキティーディーシー]
1962年生まれ。ライター。雑誌、ムックなどに連載、寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件