空から見る戦後の東京―60年のおもかげ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 279p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784408110271
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0025

内容説明

戦争の傷跡も米軍施設も見える、平屋の民家が遍在する1948年の東京。高度成長期にビルの時代となった1975年の東京。バブル崩壊後、タワーマンションが林立する2009年の東京。変化し続ける東京を、その日、その時写し止めた空中写真から読み解けば、その場所の記憶が立体的によみがえる!

目次

池袋
巣鴨
田端
三河島
池袋・目白
東池袋
白山
日暮里
高田馬場
江戸川橋
本郷
上野
浅草
大久保
神楽坂
水道橋
秋葉原
新宿
市ヶ谷
皇居
神田・両国〔ほか〕

著者等紹介

竹内正浩[タケウチマサヒロ]
1963年、愛知県生まれ。JTBで旅行雑誌『旅』などの編集に携わり、各地を取材。退社後、地図や近代史研究をライフワークとするフリーライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。