じっぴコンパクト新書
裏も表もわかる日本史 戦国編―意外な真相?驚きの事実!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408110233
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0221

内容説明

戦国時代は、『天下取り』という名の「餅」を信長がつき、秀吉がこね、家康が座ったまま食べたといわれる。しかし、はたして、その真相はどうだったのか?またこの時代、各地に割拠した群雄たちはいかに戦い、どう生きのびたのか…。鉄砲は「種子島」以前に伝来していた?家康は「天ぷら」の食べすぎで死んだのではない?そうだったのか?歴史再認識!

目次

第1章 “戦国の幕開け”の「表と裏」を読む
第2章 “群雄割拠の時代”の「表と裏」を読む
第3章 “信長の天下布武”の「表と裏」を読む
第4章 “秀吉が六十余州を統一”の「表と裏」を読む
第5章 “家康から泰平の世へ”の「表と裏」を読む

著者等紹介

加来耕三[カクコウゾウ]
歴史家・作家。1958年大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業。同大学文学部研究員を経て、著述活動に入る。『歴史研究』編集委員、内外情勢調査会、地方行財政調査会、政経懇話会、中小企業大学校などの講師を務め、テレビ・ラジオの番組監修、出演など、多方面に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Syo

23
知ってることも 多かったけど、 裏の日本史 というか、 多分こっちがホントの 日本史。 なかなか。 しかし、受験生は混乱?2020/07/18

氷菓子

0
徳川秀忠は「できる二代目」だという考え方は初めてだった。後継者は創業者を立てて、競ってはいけないっていうのは現代の会社にも通じるものがある。秀吉が毛利攻めで、自力だけで倒して信長に嫉妬されないように、あえて信長を立てて援軍を頼むというのも、現代でも世渡りのうまい人がやりそうな事だな。2016/05/22

愛理ちゃん88

0
加来氏の弁舌のように切れ味がするどいとよかった。2015/07/22

A太郎

0
石ノ森章太郎のマンガが読みたくなった。2013/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7705116

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。