• ポイントキャンペーン

LINEを生んだNAVERの企業哲学―韓国最強企業の成功方程式

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408109985
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0034

内容説明

登録ユーザー1億を突破した日本発のSNSアプリ「LINE」。韓国本社NHNの経営哲学、企業風土を抜きに、LINEを語ることはできない。丹念な取材とともに解き明かされる成功の方程式。

目次

1 LINE誕生後のNHN(危機は音もなく訪れる;LINEの誕生で世界が変わった;LINEがもたらした新たな地平)
2 LINE誕生前のNHN(グーグルも舌を巻いた迅速な意思決定と組織づくり;生活の中での新たな価値を提供するブランド戦略;ユーザーとともに歩む、未来に向けた経営哲学)

著者等紹介

イムウォンギ[イムウォンギ]
林圓基。韓国経済新聞社記者。テウォン外国語高校、ソウル大学宗教学科卒業、同大学外交学科大学院修士課程修了。国民銀行、未来戦略研究院を経て、2002年に韓国経済新聞社に入社。証券部、IT部、政治部、産業部等を歴任。NHNをはじめとするインターネット業界、ゲーム業界のさまざまな企業・人物を取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

14
これまでの歴史や世界での失敗事例なども紹介されていますが、私には社員の会話から革新のアイデアやイノベーションの種が育つという部分が心に残りました。 一見無駄とも思える社員同士の無駄話からイノベーションが生まれるというのは納得です。2017/12/23

いたろう

12
韓国企業NHNの日本法人から生まれたLINEの成功が親会社NHNを大きく変えたことは、「第1部 LINE誕生後のNHN」「第2部 LINE誕生前のNHN」というこの本の構成からもよくわかる。しかし、第2部は余計。知りたかったのは、LINEのビジネスモデル、収益構造だったのに、その点についての説明は一切なかった。2013/07/23

歩美

3
一企業のアプリがここまで浸透するなんて、本当にすごいよな〜。なかなか興味深い話でした。成功を収めている企業の歴史を読むのは楽しい。2014/03/25

芸術家くーまん843

3
1億ユーザー突破のスマホ向けコミュニケーションアプリ「LINE」を生んだNAVERの企業哲学に迫った注目作。韓国経済新聞社の記者がまとめたもので、これまでのNAVERの軌跡と、「LINE」誕生の経緯、今後の同社の可能性について言及されています。ちなみに簡単に説明しておくと、「LINE」を開発・リリースしたのは、韓国のインターネット最大手であるNHNの日本法人、NHNジャパンですが、韓国NHNは、もともと検索ポータルサイト「NAVER」を運営するネイバーコム社とオンラインゲームサイトの運営主体であるハンゲー2013/05/27

ニョンブーチョッパー

2
★★★☆☆ 生き馬の目を抜く業界は、やはり、戦って勝ち抜いていかなくてはいけない。2017/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6701119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。