じっぴコンパクト新書
大研究 日本の道路120万キロ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408109831
  • NDC分類 685.21
  • Cコード C0225

内容説明

国道は何号まであるの?なぜ「酷道」が生まれるの?クルマを運転していると次々に浮かぶ道路への疑問。そこに潜む複雑怪奇な道路の定義をまるごと把握できる本。

目次

序章 「道路」に感じる長年の疑問(国道の番号には、何か法則性があるの?;車が通れない「国道」…酷道に込められた意味とは? ほか)
第1章 「道路法」で定義される道路(「道路」には名前と種類がある!;道路法の道路の全容と、その一生 ほか)
第2章 「道路法」にない道路(農林水産省や環境省も道路を造っている;「林道は公道とは違い…」という看板の意味 ほか)
第3章 道路法制の変遷 道路の魅力の源泉(旧道路法制定以前 明治から大正まで;大正道路法の制定 大正~戦前 ほか)
第4章 道路で出会う風景(橋から見える、道路の優しさ;トンネルは、道路交通近代化の立役者 ほか)

著者等紹介

平沼義之[ヒラヌマヨシユキ]
昭和52年千葉県松戸市生まれ。平成12年、WEBサイト『山さ行がねが』を開設。平成19年、住み慣れた秋田を離れて東京都日野市へ単身転居。活動の軸足を関東に移すと同時に、廃道で生計を立てる日本初のプロ・オブローダー(廃道研究者。自身も執筆に加わる廃道専門WEB雑誌『日本の廃道』による造語)を目指しはじめる。廃道をテーマにしたトークイベント「廃道ナイト」を主催。トンネルも大好きで、「横須賀トンネルツアー」のガイドも務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KT

4
道路にまつわる色々な事がひたすら書き連ねてある。そして道路の面白さを終始訴えている。そんな本。道路に興味がある私にとってはとても良い本でした。でも興味がない人はちょっと読むの辛いかなf(^^;2014/04/24

太鼓

2
道路オタクの本ですね。雑学としても読めるので興味がない人でもおk。2015/05/08

はばたくキツネ

2
「道路」の成り立ちや仕組みが簡潔・丁寧に解説されていて読みやすかった。優れた入門書。2013/10/17

そら

1
ボクは、「鉄ちゃん」じゃなく、「道ちゃん」かもしれない。どこまでも、どこまでも走って行くと、耳元で『カントリーロード』が流れ出す。そんな人、いませんか?2016/02/21

Toshiaki Konishi

1
道路が昔から好きだ。 自宅の前を通る道路は、自分の人生で当たり前のにある存在だった。 旅の途中で目にした道路を、当たり前にある存在として生活している人がいると妄想すると感動する。 普段は考えないようにしている、身が保たないから。 道路について分かるお手軽な良い書籍でした。2013/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6497192

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。