じっぴコンパクト新書
驚いた!知らなかった日本国境の新事実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408109343
  • NDC分類 312.9
  • Cコード C0225

内容説明

欧米やアジア諸国と違って、日本の国境はすべて海に面している。このため、多くの国民はあまり、国境を意識せずに生活している。しかし、国境の海ではわれわれが意外なほど知らないギリギリの真実が数多くある。島の領有権を巡って国と国との静かな戦い、スパイや密輸業者が暗躍する港町、そもそも無人島は一体、誰のものなのか?さらに対馬が昔、ロシアに占領されそうになったことがあるなど、新たな歴史認識を踏まえて日本の国境の状況を紹介する。

目次

現状編 視界不良の日本国周辺(日本に島はいくつあるのでしょうか?;無人島は一体、誰のもの;北方四島はロシアによる開発が進行中 ほか)
歴史編 これまでの常識を覆す事実(ロシアのバルチック艦隊を撃破した村上水軍の戦法;「五稜郭」は北海道共和国構想の象徴;坂本龍馬はハッタリ屋だったのか? ほか)
雑学編 目からウロコの面白話(海の向こうにある極楽浄土を目指す僧侶たち;「伯方の塩」は、本当はメキシコ産だった;富山県は日本の中心だという説 ほか)

著者等紹介

山田吉彦[ヤマダヨシヒコ]
1962年千葉県生まれ。東海大学海洋学部教授、博士(経済学)。海洋政策研究財団客員研究員。学習院大学経済学部を卒業後、金融機関を経て、日本財団に勤務。多摩大学大学院修士課程、埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程修了。専門は海洋政策、海洋安全保障、現代海賊問題、国境問題、離島問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。