• ポイントキャンペーン

実日ビジネス
宅配便は「8分間に1個」「30円の利益」を運んでいる!?―儲けの「しくみ」を原価率と利益率からよむ経済学入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408107134
  • NDC分類 337.8

内容説明

誰もが知っているあの企業、この商品にはこんな「儲け」の秘密があった。

目次

第1章 “1泊の宿泊代”からホテルの儲けを考える―帝国ホテルVSワシントンホテル
第2章 “軽自動車とダンプトラック”から自動車の儲けを考える―スズキVSコマツ
第3章 “ミルクキャラメルとポッキー”からお菓子の儲けを考える―森永製菓VS江崎グリコ
第4章 “ハミガキ粉”から家庭用製品の儲けを考える―花王VSサンスター
第5章 “ビジネスシューズ”から靴の儲けを考える―リーガルVSホーキンス
第6章 “ポカリスエットと黒烏龍茶”から健康飲料の儲けを考える―大塚製薬VSサントリー
第7章 “ヘアサポート製品”からメンズビューティーの儲けを考える―マンダムVSアデランス
第8章 “荷物や人の配送”から運送業の儲けを考える―宅配便会社VSタクシー会社
第9章 “1冊1,000円の本”から出版物の儲けを考える―幻冬舎VS丸善VSブックオフ
第10章 “目薬とマスク”から花粉対策製品の儲けを考える―ロート製薬VSユニ・チャーム
第11章 “各種のネットビジネス”からネット企業の儲けを考える―ミクシィVSディー・エヌ・エーVSヤフーVSぐるなびVSカカクコム