• ポイントキャンペーン

俺の考え 愛蔵版―ブームをつくる経営の秘密 (愛蔵版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408105710
  • NDC分類 335.04

内容説明

自ら熱く語ったモノづくりと発想の原点!不朽の経営論を完全復刻。

目次

歓迎したい悪口二つ
人生は信用とカネの天びん棒
ウサギと企業とお稲荷さん
時間を無視した国づくり
人づくりは「ジョーク」から
「思想」を忘れた最低企業
研究所は博士製造所ではない
市場調査はあてにならない
安ければ売れるか?
「パーキンソンの法則」をこう考える〔ほか〕

著者紹介

本田宗一郎[ホンダソウイチロウ]
明治39年、浜松に生まれる。小学校卒業後、アート商会に入社。昭和3年、浜松にアート商会浜松支店を設立し、工場主となる。12年、東海精機重工業を設立、ピストンリングの製造を行う。昭和21年、本田技術研究所を設立、内燃機関、機械の研究、製造を開始。23年、本田技研工業設立、社長となる。昭和27年、小型エンジンの発明により藍綬褒章受章。昭和36年自ら研究部門の陣頭指揮をとり、二輪車の世界グランプリレースを制覇。昭和39年、四輪グランプリレースのF・1に挑戦、V型一二気筒一五〇〇ccと我国初のレーサーを完成させる。昭和41年、世界一二ヵ国で競われるグランプリレースで五種目(五〇、一二五、二五〇、三五〇、五〇〇cc)で空前絶後、史上初の完全制覇達成。世界一の二輪車メーカーの地位を不動のものとする。昭和48年、本田技研工業社長退任、取締役最高顧問となる。副社長の藤沢武夫氏と共に、そのさわやかな引退ぶりは脚光を浴びた。平成元年、日本人として初めて米国の自動車殿堂入りをはたす。平成3年8月、逝去。9月に、本社・青山ビルの他五会場で「お礼の会」が催され、延べ六万二千余名が来場した