じっぴコンパクト新書<br> 全国ローカル路線バス―車窓から日本を再発見!

個数:
電子版価格 ¥826
  • 電書あり

じっぴコンパクト新書
全国ローカル路線バス―車窓から日本を再発見!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月25日 21時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 183p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408008912
  • NDC分類 685.5
  • Cコード C0226

内容説明

荷物の輸送やスクールバスといった、地域の重要な足。被災地の代替輸送や離島、火山など過酷な環境を行く路線。所要6時間半の日本最長ルートや1日片道1便のみなどの、ユニークな運行形態の路線…。にわかに注目を浴びる、ローカル路線バス。田舎で便数が少なくても、地元のために様々な役割を担っている。それら「なるほど」と頷け、ちょっと楽しい全国の路線バス事情を掘り下げれば、日本の各地域の背景がまた違った角度から見えてくる。

目次

第1章 ナンバーワン&オンリーワン―全国唯一の個性派路線(運行距離日本一―全長約百六十七キロを六時間半で走る日本一の長距離路線バス;標高日本一―漂高二千七百二メートル!期間限定の登山者向けバス ほか)
第2章 車窓の向こうに見えてくる―土地柄を映し出すバス路線(鉄道の廃線により生まれた北海道の代替バス路線;旅館の主がバスを走らせた!千葉県初の乗合自動車説もあり ほか)
第3章 背景を知れば思わず納得―施設と車両の不思議(消えた私鉄の歴史を受け継ぐバスの拠点として生きる村松駅;京都市営バスの行先表示はなぜLED化されないのか? ほか)
第4章 なぜそんなことになった?全国路線バスの面白トリビア(ツーマン運行―全国でもレアなツーマンバス 杉並区の狭路にて運行中;増便対応―観光地の島を走る能古島内線 行楽シーズンはバスを船で補充? ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件