メディア支配―その歴史と構造

個数:

メディア支配―その歴史と構造

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年07月25日 06時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 155p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784406065603
  • NDC分類 070.21
  • Cコード C0036

内容説明

政権に同調的なマスメディアはこうして作られた。

目次

1 戦後メディアの再編成とは(メディアの再編成―全国紙を頂点としたピラミッド型;世論操作機関「日本広報センター」;“制作分離”とプロダクション化の波;せめぎあい、そして…)
2 新聞とテレビの系列一本化(東西のネット組みかえと三つ巴の「力学」;ジャーナリズムの変質と劣化;小選挙区制とメディアの犯罪;椿発言問題)
3 裏切られた公共ライブラリーと独立行政委員会構想(ライブラリー運動の旗揚げ;推進に水差す「映像産業育成構想」;生かせなかった「独立行政委員会構想」)
4 政権のメディア支配に抗して(NHK会長公選制のとりくみ;安倍政権によるメディア支配の強まり;放送法の取り締まり法化を阻止)

著者等紹介

松田浩[マツダヒロシ]
1929~2020年(11月3日死去)。1953年東北大学経済学部卒業。日本経済新聞社入社、編集委員を経て、立命館大学教授、関東学院大学教授を歴任。メディア総合研究所研究員。著書に『ドキュメント放送戦後史1・2』(1980‐81年、双柿舎、1でJCJ奨励賞受賞)、『講座現代ジャーナリズム(3)―放送』(共編著、1973年、時事通信社)、『知られざる放送』(共同筆名・波野拓郎、1966年、現代書房、JCJ奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。