住み続ける権利―貧困、震災をこえて

個数:

住み続ける権利―貧困、震災をこえて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 00時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784406055680
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C0036

目次

序章 本書のねらいと問題提起(今、なぜ住み続ける権利か;福祉国家と住み続ける権利 ほか)
第1章 大震災と住み続ける権利(震災を見る視点;中国・四川の大震災と住み続ける権利 ほか)
第2章 貧困・不平等と住み続ける権利(生活と政策の貧困;差別・不平等と住み続ける権利)
第3章 住み続ける権利の構造と内容(住み続ける権利とは;なぜ人権なのか―人権保障の意義 ほか)
第4章 自己決定と参加―住み続ける権利確立のために(人権保障と社会参加の拡大;自己決定・選択の自由と参加 ほか)

著者等紹介

井上英夫[イノウエヒデオ]
金沢大学地域創造学類・大学院人間社会環境研究科教授。1947年、埼玉県秩父市生まれ。1986年に金沢大学に赴任。専門は社会保障法、福祉政策論。日本社会保障法学会代表理事、厚労省ハンセン病問題検討会委員会、金沢市障害者施策推進協議会会長、などを歴任。全国老人福祉問題研究会会長、高齢者運動基金理事長。病気、障害などにより「固有のニーズ」をもつ人々の人権保障に重点をおいた仕事をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

7
「住み続ける権利」を人間の尊厳に由来する原理であり、基本的人権だと位置づけて、震災、貧困の現実から考えた良書です。著者は住み続ける権利は他の種々の人権の保障によってこそ実現される総合的権利であり、住み続ける権利を発展させるためには既存の人権保障の発展が不可欠であり、必要に応じて新たな人権を創造するべきであるとしています。また、個々の人権をより豊かにする関係であり、各種人権の基底的権利としての性格を有するとしています。誰もが安心して生活するためには不可欠で、その基盤があるから発達保障もできると思いました。2014/06/05

林田力

0
井上英夫『住み続ける権利―貧困、震災をこえて』(新日本出版社、2012年)は基本的人権の一つとして「住み続ける権利」を提唱した書籍である。貧困問題や震災を踏まえて住み続ける権利の保障が現代社会において重要な意義を持つと主張する。 著者は阪神淡路やスマトラ島、東日本大震災など地震や津波の被災地の窮状を紹介する。さらに群馬県渋川市の高齢者入所施設「静養ホームたまゆら」火災事件など住まいの貧困の現場も取り上げる。貧困や不平等が「住み続ける権利」を侵害しており、それが痛ましい状況の背景になっている。 本書の問2012/06/09

jupiter68

0
3章や4章はどうなんだろうか。そんなに権利を主張されたって、金ねえし!と思ってしまう。被災者の方々に対しては、そのとおりだと思うし言葉もないが、、、、。2018/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4736402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。