労働法を考える―この国で人間を取り戻すために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784406050715
  • NDC分類 366.14
  • Cコード C0036

出版社内容情報

不払い残業や事実上の解雇の横行…。「労働法のない世界」が広がる現実に引きつけ、働くルールの必要性と内容を解明する。

内容説明

雇い止めの不安、出ない残業代…こういうことはしかたないのか。

目次

第1章 命と暮らしを脅かす働き方の拡大―「労働法のない世界」の広がり
第2章 働くルールが必要な労働者
第3章 働くルールの形成と発展
第4章 世界の働くルール―EU諸国、ILO、韓国
第5章 日本の制度と大企業の思惑―世界とは異質な日本的労働慣行・労働法
第6章 働くルールの確立のために(その1)―権利闘争の課題
第7章 働くルールの確立のために(その2)―非正規雇用をめぐるたたかい

著者等紹介

脇田滋[ワキタシゲル]
龍谷大学法学部教授(労働法、社会保障法)。1948年大阪市生まれ。著書に、『労働法の規制緩和と公正雇用保障』(法律文化社)、『新現代労働法入門(第3版)』(法律文化社、共編)、『現代社会福祉辞典』(有斐閣、共著)、『規制緩和と労働者・労働法制』『派遣・契約社員働き方のルール』(いずれも旬報社)など。民主法律協会派遣労働研究会の一員として、インターネット上での派遣労働者への相談活動「派遣労働者の悩み110番」に1996年8月からとりくんでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

G-ta

0
2、3ページ読んで気付いたが、どうも内容に違和感があると思ったら2008年のリーマンショック前に出版された本だった。今度はしっかりと出版年月を確認しなければ。リーマンショック後派遣切りが大きな問題になったが、それを引き起こした労働制度を非常に問題視していた。当時は世間がそんな論調ではなかったと記憶しているので時代を先取っていたってわけか。2011/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1136758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。