新日本新書
万葉集 東歌・防人歌の心

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784406027793
  • NDC分類 911.12
  • Cコード C0291

内容説明

東国庶民の生活・労働から生まれた野性の愛の歌、国境警備に赴く防人たちの故郷・妻子への尽きせぬ想い。古代東方の歴史・社会のなかにくりひろげられる、もうひとつの万葉集の世界へいざなう。

目次

東歌の風景
真間の手児名の物語
入間道のうた―万葉植物イワイヅラをめぐって
東歌の性―カガイの歌として
あやにかなしき―東歌の愛情表現
東歌と防人歌―我が面の忘れむしだは
防人歌点描
ある防人の妻の歌―赤駒を山野に放し
武蔵国分寺と防人歌
万葉集晩景―大伴家持

著者等紹介

阪下圭八[サカシタケイハチ]
1927年東京生まれ。1962年鎌倉アカデミア文学科および法政大学文学部をへて、同大学院博士課程修了。1963年-1998年東京経済大学講師・助教授・教授。現在東京経済大学名誉教授。専攻は日本古代文学。主な著書に『日本の古代文学』(共著、新日本出版社)、『初期万葉』(平凡社)、『注釈万葉集〈選〉』(共著、有斐閣)、『ことばの散歩道―古事記からサラダ記念日まで』(朝日文庫)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。