河出文庫<br> 百頭女

個数:

河出文庫
百頭女

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月13日 13時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 373p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309461472
  • NDC分類 735
  • Cコード C0171

内容説明

惑乱、私の妹、百頭女。エルンストの夢幻世界、コラージュ・ロマンの集大成。今世紀最大の奇書、待望の文庫化。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夜間飛行

70
気球と共に舞い上がる裸の男は、人々が気球を下に引くのとは逆に、空に向かってぶら下がっている。くり返される「無原罪の宿り」と空へ落下する男の画から、キリスト教のフィルタを通してではあるが、巨大な母に向けてむき出しにされた幼児の眼の痛みを思った。解説でロプロプを作者の分身(とエルンスト自身いっているそうだ)と決めつけ、男性主人公としているのはいただけない。パリの街灯に餌を運ぶ怪鳥ロプロプは、むき出しの眼に涙をもたらす福音…母からの使いではないか。そして百頭女は、人間の目を闇に閉ざすことで光に開く存在だと思う。2016/08/28

yamaneko*

57
コットンさんのおすすめ本。ページをめくるたびに、精密かつ難解な絵と文に翻弄されます。シュールでちょっぴり風刺が効いた作風は、たやすい解釈をゆるさない。思考停止させてくれる本として、別の楽しみ方ができそう。私が読んだのは文庫本だけど、大型本で見たら強烈な印象が残りそうです。2015/01/08

えか

49
シュールレアリズムが難しいのは、此方が理解しようと身構えてしまうと彼方がするりと逃げていく事にある。何やら不確定性原理のようだが、困った事には違いない。 なので一番良いのは本とは対峙せずあらぬ方を向いて「君には関心無いよ」とする事である。出来れば目も口元も脱力させてよだれを垂らすのもいい。所謂「痴呆状態」というやつである。もっと砕けて「うすらばか」といっても良い。こうして始めてシュールの世界に入る事ができる。もちろんその際、此方の世界とは関係を断つ事にはなるが仕方ない。その場合正しいのは彼方だからである。2022/09/03

sin

47
先ずは緒言=まるでお経のようにありがたいが理解しがたい。主体となる挿絵の数々=何かの物語の挿絵に闖入したイメージは当時の社会と神学の融合か?あるいは新しい人間社会における神の立ち位置を示すもの?はたまた神の登場を必要としない人間が主役の新たなる世界の創造ととるか?若しくは只の思い付き退屈した知識人の戯れ2015/01/29

とびほびこび

43
ちら、とみかけた時から装丁とタイトルが気にはなっていたが、手に取ってみて「なんだ、これは?」というある意味驚愕の一冊。帯に書かれている通り、惑わされ乱される。神々しさと低俗が時に同居し、コラージュという表現がもたらす奇妙さ。絵画に対する造詣はあまり持ち合わせていないが不思議と後に残る。寄稿を探るもうまくまとまらず意図を探ろうとすると余計に混乱する。印象深いのはロプロプが、街燈たちに夜の食事を運んでくるという絵と百頭女とは無頭女という洒落が利いているとの窪田氏の言。まったく恐ろしい本に出会ったもんだ。2014/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/485576
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。