カラー版徹底図解 東海道五十三次―庶民も歩いた江戸時代の旅路

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784405106895
  • NDC分類 291.5
  • Cコード C2021

目次

東海道と江戸庶民の旅
東海道五十三次をめぐる(日本橋―五街道の起点となる「江戸の中心」;品川―山あり海あり、江戸のリゾート;川崎―渡し船で六郷川を越える;神奈川―海沿いの賑やかな宿場町;保土ヶ谷―難所の手前で、休むか泊まるか;戸塚―旅の荷を下ろして一息;藤沢―遊行寺、江の島、大山―観光地が目白押し;平塚―縄手道を走る飛脚と高麗山;大磯―松林が続く歌枕の海岸;小田原―江戸を出て最初の城下町 ほか)
伊勢・京以降の巡礼の旅路

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月讀命

54
日本橋、品川、川崎、神奈川、保土ヶ谷・・(箱根駅伝ではないが・・)東海道の宿場を一つ一つ紹介する。歌川広重の五十三次の絵と現在の写真などを織り交ぜ、江戸からの距離、町の由来や名所旧跡、名物、旅籠の数など事細かく載せており、見ていて飽きないカラー図鑑である。歌川広重の絵を見ていると、今は少なくなったテレビの時代劇の一場面を思い出される。そして、子供の頃に集めていた?永谷園のお茶漬けの付録のカードも思い出され、鮭茶漬けが食べたくなった。東海道は、53ではなく、江戸と京都を入れると55であることを初めて知った。2014/12/05

かなさん

0
昔の旅路、経験してみたい。 宿場町をめぐるの好きですが、宿場町の施設や役割などをもっと詳しく知って、今も残ると宿場町を巡りたい。2021/07/17

sei

0
こんなのを読んだら、歩いてみたくなります。たぶん無理だけど。2021/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1068050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。