とっさに使える敬語手帳

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

とっさに使える敬語手帳

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年07月07日 06時47分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784405103580
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0030

出版社内容情報

【敬語って大切です!】 コミュニケーションの基本は、相手を思いやることです。 相手を、一人の大切な人として敬い、思いやることが、人間関係のベースだからです。 そのときに欠かせないのが「敬語」。 敬語は、「相手を敬っている」ことを伝えるツールであり、「相手を尊重している証」です。 敬語を正しく使うことができれば、「相手を敬っていること」が伝わりますが、正しい敬語を話せなければ、「相手のことを敬っていない」と勘違いされてしまいます。 とくに、ビジネスの世界では、敬語は必須です。 敬語を使うことが苦手な人は、ビジネスマンとしてハンディを背負うことになります。 「敬語ができない=仕事ができない」と考える人が少なくないからです。 【たくさんの事例】 本書は、1ページに3例を掲載しているため、たくさんの敬語を紹介しています。そのため、たくさんのシチュエーションで使われる敬語を覚えることができます。 多数紹介している敬語の中には、敬語にすることがむずしいシチュエーションの表現も含まれています。 その結果、ある程度、敬語を話すことができる人が、「この場合、なんて言えばいいんだろう?」と迷ってしまう敬語の表現も身につけることができます。 【イラストがふんだん】 本書は、大見出しごとにイラストを入れていますので、その場、その場のシチュエーションで使われる敬語をイメージしやすくなっています。結果、敬語が頭に入りやすくなっています。 【言い換え表現、関連表現】 本書は、正しい敬語以外にも、「言い換え表現」や「関連表現」も紹介していますから、敬語表現の幅が広がります。 そのため、ある程度、敬語を話すことができる人にも役立ちます。 正しい敬語だけでなく、さらに大人として、美しいモノの言い方が身につきます。 ですから、本書では、敬語をイチから学びたいという敬語初心者から、敬語中級者にもピッタリの一冊です。

内容説明

その敬語!相手を不安にさせていませんか?“得する敬語”を覚えましょう!

目次

PROLOGUE 敬語のキホン(なぜ敬語を使うのか?;敬語のしくみをおさらい ほか)
1 シーン別会話文例 あいさつとホウレンソウ(日常的なあいさつ;ホウレンソウ)
2 シーン別会話文例 接客、訪問、接待(来客を迎える;商談や取引先との交渉 ほか)
3 シーン別会話文例 電話応対(電話をかける;電話に出る)
4 シーン別会話文例 コミュニケーション(社内の人とのコミュニケーション;社外の人とのコミュニケーション ほか)

著者等紹介

山田敏世[ヤマダトシヨ]
産業能率大学情報マネジメント学部教授。産業能率短期大学、専修大学卒業。総合商社の常務付秘書、専門学校の秘書科講師を経て、1991年にクロスポイントを設立。産業能率大学では、敬語をはじめとしたビジネスマナー、秘書検定、サービス検定を担当。また、企業の秘書研修、管理職の作法などを中心に研修講師として活躍中。秘書検定準1級面接試験委員、ビジネス実務マナー検定試験委員、サービス接遇検定運営委員を経て、現在、実務技能検定協会評議員、秘書・サービス教育学会監事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かおり

27
今更ですが、こういうのは一度読むだけではダメで。何度も読んで言って聞いて触れて···で自然に口から出てくるようにしないと、自分のものにはならないし、忘れることもある。なので📖見かけたら必ず読むようにしています。バイト敬語やぼかし言葉はやっぱり違和感あり!2020/09/21

ちーず

4
さっと読めるので、繰り返し読むのが良さそうです。2022/05/22

わさび

1
敬語について簡単に習得できる本と思い読みました。 バイト言葉・若者言葉にも触れられており、意外にも普段誤用している表現もあり、勉強になりました。 ふとした時に出てくる表現で気を付けるポイントがたくさん書いてあったので、この本に出てくる小さなことだけでもできていたら社会に出た時に大きな差となるのかなと思いました。2020/08/28

クローリア

0
ますでしょうか。お座りになる。 など敬語の本に関わらず誤り多数2022/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15367201

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。