大切な家族の入院・介護でやるべきことのすべて

個数:
  • ポイントキャンペーン

大切な家族の入院・介護でやるべきことのすべて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月14日 17時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784405103061
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C2032

内容説明

入院・退院の手続き、介護保険の申請、介護施設の選び方、かかるお金のこと、自宅介護のやり方・コツ、認知症ですること―本書を活用して親の介護の不安、自分の老後の不安を軽くしましょう。

目次

1 突然、親が入院(「親が入院した」と病院から連絡があったとき;親の病状について医師から説明を受けるとき ほか)
2 介護&認知症の始まり(介護のことで困ったら、地域包括支援センターへ;退院後は家族を中心に介護支援体制を整える ほか)
3 介護保険で在宅介護(介護保険を利用したいと思ったら;同居すると決めたら親の住民票を移す ほか)
4 施設を利用する&施設に入所する(自宅から日帰りで通える施設はある?;デイサービスは目的に応じて選ぶ ほか)
5 親の介護こんなときどうする?(介護する親がふたり以上になってしまったとき;仕事を続けながら介護をするとき ほか)

著者等紹介

藤林慶子[フジバヤシケイコ]
1986年日本女子大学大学院文学研究科社会福祉学専攻博士課程前期修了。東洋大学社会学部社会福祉学科教授。介護保険制度、社会福祉専門教育、地域包括ケアシステムを専門としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

親が入院したり、介護が必要になった時に必要な知識や手続きがわかる本。類書との違いは「するべきこと」の全体像が理解できる作り。・親が入院したり、介護が必要になったときに必要な知識や手続きがわかる本・類書との違いは【実用面に特化】したこと・「しなければならないこと」「するべきこと」の全体像が理解できる作り(類書は、これらが不足しているところが多い)

藤林慶子[フジバヤシケイコ]
監修