ランニングと栄養の科学―自己記録の壁を打ち破る!最先端の科学に基づく新理論85

電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ランニングと栄養の科学―自己記録の壁を打ち破る!最先端の科学に基づく新理論85

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784405093300
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C2075

出版社内容情報

ランニングをする人向けに、最先端の科学に基づく”走り方””食べ方””休み方”の方法を初公開。大好評発売中!『筋トレと栄養の科学』のシリーズとして登場。フルマラソン完走を目指す人、自己ベストを更新したい人向けに、最先端の科学に基づく”走り方””食べ方””休み方”の方法を初公開する。

斉藤太郎[サイトウタロウ]

内容説明

効率の良いフォームに改善するためのプラクティス5種、スピード+スタミナを強化するためのトレーニング6種、カーボローディングのやり方、レースでの失速を防ぐ補給のポイント、ランナーが常食すべき食事メニューなど詳しく解説!

目次

01 なぜ走り続けても記録が伸びないのかを科学する(毎日ジョギングを続けても速くはならない;市民ランナーの最速は40~50代!? ほか)
02 記録を伸ばすための正しいランニングを科学する(むやみに走行距離を伸ばすだけでは速くならない;走力を高めるLTペースとは何か? ほか)
03 ランニングと栄養を科学する(体を動かすためのエネルギー「ATP」とは?;ミトコンドリアは有酸素エネルギーの発電所 ほか)
04 速くなるための疲労と休養を科学する(トレーニング後、体に何が起こっているのか?;休み方を間違えると、トレーニング効果が消える? ほか)
05 フルマラソンの攻略法を科学する(フルマラソン完走者の約9割が後半に失速する事実;レースの設定ペースにこだわりすぎると失速する ほか)

著者等紹介

齊藤太郎[サイトウタロウ]
1974年11月20日、東京都生まれ。NPO法人ニッポンランナーズゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチ。国学院久我山高校から早稲田大学を経て、リクルートRCコーチ時代にシドニー五輪代表選手を育成。2002年に地域スポーツクラブ・ニッポンランナーズを設立。300名を超えるクラブ在籍ランナーを育成する。ベルマーク走り方教室、日本トップリーグ連携機構、日本ラグビーフットボール協会、日本サッカー協会やFIFA国際サッカー連盟レフェリーへのランニングインストラクターを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふうらいぼう

66
ランニングに効果的なトレーニング方法や早い走り方等がわかりやすく解説されていた。後、正しい栄養分の摂取の方法も書かれていた。内容が濃い本だった。私にはかなり為になった。2017/06/16

Hiroshi Kiso

1
★★★ スポーツってトレーニングにばかり目が行ってしまうけれど、休養や栄養も大事。 早速鉄分を摂り始めた。2018/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11186640

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。