自分で読める どうして野菜を食べなきゃいけないの?

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

自分で読める どうして野菜を食べなきゃいけないの?

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月23日 03時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 112p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784405073579
  • NDC分類 K498
  • Cコード C8077

出版社内容情報

「どうしてごはんを食べないといけないの?」
それは、わたしたちの体は食べたもので作られているから。
元気に大きく成長するためには、食べものから”栄養”をとらないといけないのです。

この本では、実際の食べものがキャラクターで登場し、どんな栄養素がふくまれているかがイラストで楽しく学べます。
にがいピーマンは病気をふきとばす力をもっていたり、くさ?い納豆はネバネバパワーで悪い菌をやっつけたり。
ケーキやたい焼きなどのおやつにだって栄養は入っています。
どんな食べものだって、体を作るヒーローなんです。

体に必要な栄養素や、からだのしくみもわかりやすく解説しています。
野菜嫌いの克服や、食育にもぴったりの1冊。
プレゼントにもオススメです。
親子で楽しく食べものや栄養のことを、知ってくださいね。

内容説明

親子でいっしょに学べる!いちばんやさしい栄養学。子どもたちのソボクな疑問を、この1冊で解決!栄養を知れば、食べることがもっと楽しくなる!対象年齢4歳~。

目次

えいようそがわかる(どうしてごはんを食べなきゃいけないの?;えいようそにはどんなやくわりがあるの?;えいようそが体の中に入るには? ほか)
食べものがわかる(みどりの野さい;赤・オレンジの野さい;ほかの色の野さい ほか)
体のしくみがわかる(人の体は何でできている?;おしっこはどうやってできるの?;うんちってどうやってできるの? ほか)

著者等紹介

川端輝江[カワバタテルエ]
女子栄養大学教授。博士(栄養学)、管理栄養士。主な研究テーマは、魚に含まれる脂質の摂取と健康について

せのおしんや[セノオシンヤ]
フリーで活動中のイラストレーター・デザイナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。