マンガでわかる 思春期のわが子と話したい性のこと

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

マンガでわかる 思春期のわが子と話したい性のこと

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月02日 04時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784405012608
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0077

出版社内容情報

小学校4年の保健体育で男女の違いについて学び、家でいろいろ質問されて困った!というご家庭で読んでいただけるよう、今からでも遅くない、「今日からスタートする性教育」の本です。「性教育」や「性にまつわる話」と聞くと、ハードルの高さを感じてしまうママ・パパに向けて、マンガ多めで、よみやすくかつシンプルにまとめました。多様性にあふれた現代社会を生き抜く力を持つ子どもを育てるために、ジェンダーや人との距離感などにも触れ、子育てをアップデートする1冊。お子さんと一緒に読めるページも用意しています。

内容説明

思春期を迎えてからではもう遅い?親だって知らないことがたくさんある!おうちでしか伝えられない性教育があります!第39回母子保健奨励賞受賞、令和元年度内閣府特命担当大臣表彰受賞の著者が贈る。

目次

1章 「ふつう」って思っていることは、本当にふつう?(親の言う「ふつう」って?;親である自分にも刷り込みが?)
2章 子どもの体の変化をポジティブにとらえる―わが子の第二次性徴について(喜び半分、さみしさ半分;自分のときとは違う ほか)
3章 自分とパートナーとの関係を見直す―ジェンダーについて(「どうして男って…」;男女平等?家事編 ほか)
4章 子どもの性的関心に向き合う(子どもが恋愛しはじめたらうれしい?;何歳からしてもいいの? ほか)
5章 家庭でしかできない性教育

著者等紹介

直井亜紀[ナオイアキ]
助産師・思春期保健相談士・ベビケアセラピスト/一般社団法人ベビケア推進協会代表理事。埼玉県八潮市では小学6年生と中学3年生を対象とした「いのちの授業」が市内必修授業に取り入れられる。市外でも、小・中・高校でのいのちや性の講演や、企業や専門職向けのセミナー講師として活動中。「聞いた子どもが幸せな気持ちになる言葉」を大切に、いのちや性を伝えている。新聞やテレビ、Yahoo!ニュースなど、マスコミ掲載多数あり。第39回母子保健奨励賞受賞。令和元年度内閣府特命担当大臣表彰受賞。本質行動学エッセンシャルマネージメントスクールフェロー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

36
知りたいのに知ろうとすると怒られる。それって理不尽だと思います。別に無理に会話する必要はないかもしれないけれど、看護師の友人のおかげで私は性教育への準備が妊娠前からできていました。感謝しています。保育園のころ「あかちゃんはどこから?」で赤ちゃんと性について知ったところで「とにかくさけんでにげるんだ」など被害者にならない教育をしました。今は生理に関する本を多く読んで話し合っています。生理が来たらまた違うステップになると思うけれど、聞かれたことはかくさず、簡潔に(恥ずかしい時はそう言いつつも)伝えています。2021/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18050493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。