信仰と自由に生きる

  • ポイントキャンペーン

信仰と自由に生きる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 391p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784404021779
  • NDC分類 210.4

内容説明

戦国期の幾内掌握を信長はいかに試みたか。幾内は西の王権の地から次第に経済活動の地へと変化する。本書は、京・堺などの都市、琵琶湖の水運、根来寺の塗師、丹南の鋳物師などを通して、中世世界の実像に迫り、奈良の民俗芸能―題目立から文化の源流を考える。

目次

権門の都から洛中辺土の京へ
開かれた防衛都市堺
村落の日常生活
戦乱から身を守る人々
庶民の願い極楽浄土
交流空間としての奈良街道
琵琶湖の交通
丹南の鋳物師
泉南紀北の支配者根来寺
惣村の芸能