途上のキリスト論―「バルト=ボンヘッファー」の今日的意味

個数:
  • ポイントキャンペーン

途上のキリスト論―「バルト=ボンヘッファー」の今日的意味

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784400327004
  • NDC分類 191.9

目次

1 バルト神学の諸相(信仰について;復活使信の神学的コンテキスト―普遍史的解放史の中のキリストの出来事;十字架理解の諸相―クラッパートのバルト理解を手がかりに ほか)
2 線と方向―バルトとボンヘッファー(ボンヘッファーのキリスト論;線と方向としてのバルト=ボンヘッファー)
3 バルト神学からの展望(「講演」戦後五十年とオウム真理教問題―フォイエルバッハの宗教批判とそれへの反批判を手がかりにして;神学の批判的課題としての天皇制;天皇の宗教性と「物語」―世俗化時代のラディカルに私人化された宗教 ほか)