好奇心が未来をつくる―ソニーCSL研究員が妄想する人類のこれから

個数:
電子版価格 ¥2,530
  • 電書あり

好奇心が未来をつくる―ソニーCSL研究員が妄想する人類のこれから

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2019年10月18日 17時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 408p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396616786
  • NDC分類 504
  • Cコード C0095

内容説明

これからの30年で、我々はどのように変わっていくのか。異才研究者集団が、見ていること・考えていること。

目次

暦本純一―未来の“自然”を呼び込むインベンターであり続けたい
古屋晋一―ピアニストの身体動作の研究を通じて「文化が進化し続ける世界」をつくる
茂木健一郎―好奇心以外に、人類の旅の行き先を決める手段はない
吉田かおる―研究は麻薬のようなもの
高安秀樹―理論物理学を人工知能に構築できれば、科学のあり方は抜本的につくり変えられる
アレクシー・アンドレ―人はもっと面白がれるはず
ミカエル・シュプランガー―どうしたら、人間のインテリジェンスの「コア」を備えたマシンの再構築ができるか
大和田茂―機械と人間の関係を考える
舩橋真俊―テクノロジーは人の苦しみを取り除く手段。幸福論を持ち込むべきではない
竹内雄一郎―分散した知識で街を編集するWikitopia
笠原俊一
フランク・ニールセン
遠藤謙
桜田一洋
佐々木貴宏
磯崎隆司
吉田由紀
山本雄士
ナターリア・ポリュリャーフ
北野宏明