幕末の下級武士はなぜイギリスに骨を埋めたのか

個数:

幕末の下級武士はなぜイギリスに骨を埋めたのか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396615321
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

英国ブライトン在住の著者が偶然発見した古い教会の記録。そこには幕末、曲芸一座の一員として江戸からロンドンに渡り、最後は教会守として生涯を閉じた日本人の名が書かれていた。武蔵の下級武士出身の曲芸師、ジョン・近藤筆吉。19世紀ヨーロッパを席巻した「ジャポニズム」の流行は、彼ら曲芸師たちが引き起こしたものだった。英国中くまなく巡業した曲芸一座の足取り、知られざる日本人村の存在など、当時の国勢調査記録と現地新聞の丹念な調査により、知られざる日英公流が浮かび上がる!

目次

プロローグ(100年以上前の日本人・フデと出会い;筆吉は曲芸団の一員として英国にやってきた ほか)
第1章 三組の日本人芸人一座(渡航者に渡された三カ条の掟書き;帝国日本人一座、アメリカへ ほか)
第2章 曲芸師たちが生活した日本人村(タナカーブヒクロサンという謎の人物;曲芸の特訓か、幼児虐待か ほか)
第3章 日本との決別(筆吉の妻は未婚の母だった;深刻な社会問題となった私生児の育児 ほか)
第4章 1885年ナイツブリッジの奇跡(世界への扉、万国博覧会;ウィーン万国博覧会では日本村の展示が大評判に ほか)
第5章 ブライトンの下級武士(筆吉は日本で何をしていたのか;武士は生活に苦しんでいた ほか)
エピローグ(日本での情報はほとんどつかめなかった;ある下級武士の一生)

著者等紹介

村田寿美[ムラタスミ]
1949年(昭和24年)、兵庫県相生市生まれ。歴史研究家。上智大学卒。英国ブライトン大学大学院歴史文化学科卒。専門はトマス・グラバーと日英貿易の研究。シティーカレッジ・ブライトン・アンド・ホープ、サセックス大学などに勤務。2013年に英国永住権取得。ロンドンのジャパン・ソサエティー・ジャーナルなどに寄稿する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。