人間の光沢

個数:

人間の光沢

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396614393
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

弱きものへの慈しみを教えてくれた母、自分の存在価値を知らせてくれた小・中学校の恩師たち、木蓮の花とともに散った初恋の女性、雪の弘前で出会った障害を持つ戦争孤児の少女、一輪の芍薬を差し出してくれた引揚者の母娘、そして、「老後」の今を支えてくれるかけがえのない妻…。昭和のTV史を飾った名アナウンサーが半生を振り返り、人間・鈴木健二の「核」を初めて綴った感動の書下ろし長編エッセイ。

目次

1の章 老樹の「光沢」も、元は苗の光から
2の章 尊敬する師からの「光沢」
3の章 母とふるさとは、外で輝く自分の「光沢」
4の章 ほほ笑みの優しい「光沢」は永遠に生きる
5の章 「光沢」の遙かな先にあるゴールドリング
6の章 「光沢」とは希望・決心・努力・感謝そしてほほ笑み
ついでながら それ以後の私

著者等紹介

鈴木健二[スズキケンジ]
1929年、東京生まれ。都立九段中学(入学時は第一東京市立中学)、弘前高校を経て、東北大学文学部美学美術史学科を卒業。1952年NHKに入局、以後TV放送の黎明期から36年間アナウンサーとして活躍。1988年に定年退職後、熊本県立劇場館長(1988~98年)、青森県立図書館長(1998~2004年)を務め、その間、地方文化振興、障害者支援、読書普及活動などに情熱を注ぐ。2004年、満75歳を期にすべての職を退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

元NHKの伝説的アナウンサーが、初めて明かした感動の半生!

人生を導いてくれた、忘れえぬ「光沢」の記録

弱きものへの慈しみを教えてくれた母、
自分の存在価値を知らせてくれた小・中学校の恩師たち、
木(もく)蓮(れん)の花とともに散った初恋の女性、
雪の弘前で出会った障害を持つ戦争孤児の少女、
一輪の芍薬(しゃくやく)を差し出してくれた引揚者の母娘、
そして、「老後」の今を支えてくれるかけがえのない妻……。
昭和のTV史を飾った名アナウンサーが半生を振り返り、
人間・鈴木健二の「核」を初めて綴った
感動の書き下ろし長編エッセイ!


[目次より]
一の章 老樹の「光沢」も、元は苗の光から

二の章 尊敬する師からの「光沢」

三の章 母とふるさとは、外で輝く自分の「光沢」

四の章 ほほ笑みの優しい「光沢」は永遠に生きる

五の章 「光沢」の遥かな先にあるゴールドリング

六の章 「光沢」とは希望・決心・努力・感謝そしてほほ笑み

ついでながら―それ以後の私

【著者紹介】
1929年、東京生まれ。都立九段中学(入学時は第一東京市立中学)、弘前高校を経て、東北大学文学部美学美術史学科を卒業。1952年NHKに入局、以後TV放送の黎明期から36年間アナウンサーとして活躍。放送では台本やメモは一切持たず、その驚異の記憶力と職人芸で「NHKの歩くコンピューター」の異名を取る。著書も多数あり、なかでも『気くばりのすすめ』(82年講談社刊)は大ミリオンセラーとなり鈴木人気は沸騰した。1988年に定年退職後、熊本県立劇場館長(1988~ 98年)、青森県立図書館長(1998~ 2004年)を務め、その間、地方文化振興、障害者支援、読書普及活動などに情熱を注ぐ。2004年、満75歳を期にすべての職を辞し、現在は「老後」を満喫している。