一休―その破戒と風狂

個数:

一休―その破戒と風狂

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月25日 22時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 479p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784396612566
  • NDC分類 188.82

内容説明

とんち小僧として誰からも親しまれる「一休さん」は、禅院の世俗化を痛烈に批判し、森侍女との愛欲を赤裸々に詩いあげた反俗の禅僧でもあった。このあまりにも大きい落差を、どう考えたらいいのか―。一遍、道元、良寛、最澄と、日本の精神文化史上の巨峰に挑みつづけてきた著者が満を持して放つ畢生の書き下ろし巨編。

目次

一休との出逢い
酬恩庵一休寺にて
一休皇胤説を追う
時代のエネルギーと少年僧一休
「一休とんち咄」のリアリズム
蛇を一撃で打ち殺す
師・華叟との法縁
印可状破棄
兄弟子、養叟との対立
諸国放浪
絵入り法語「一休骸骨」
「狂雲集」と、一休の性
森女との至高の恋愛
住吉大社
最晩年のジレンマ
真珠庵への道

著者紹介

栗田勇[クリタイサム]
昭和4年生まれ、東京出身。東大仏文科卒。フランス象徴主義の詩人・ロートレアモンの個人全訳(本邦初)を皮切りに、多彩な創作評論活動を展開。日本文化論の第一人者として知られる。昭和52年、『一遍上人』(新潮社)により、芸術選奨文部大臣賞を受賞。平成11年、紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)