見る美 聞く美 思う美―「画家バルテュス」とともに見つけた日本の心

個数:
  • ポイントキャンペーン

見る美 聞く美 思う美―「画家バルテュス」とともに見つけた日本の心

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784396612283
  • NDC分類 914.6

内容説明

私が今日のようにきもの好きになったのは、ひとえに二十歳の若いころ日本を離れ、外国で暮らすことになったためでしょうか。それに輪をかけたのが、きものをこよなく愛する夫、バルテュスとの生活でした。日本人の“文化、生き方”の精粋を、ヨーロッパから再発見する初の随筆集。

目次

見る美(家具、不思議なる調和;グラン・シャレの部屋べや;日本の色 ほか)
聞く美(蛇の目傘と雪の音;手作りのバラ茶;モーツァルトと円仁;香りのこと)
思う美(日本ならではの趣味の達人;お辞儀;説明する美しさ、説明しない美しさ ほか)

著者紹介

ローラ節子・クロソフスカ・ド[ローラセツコクロソフスカド]
旧姓―出田節子。東京生まれ。森村学園高等部卒業。上智大学フランス語科中退。1962年、画家バルテュスと出会う。67年、結婚。バルテュスがローマのフランス・アカデミー館長退任まで、ローマのメヂチ館で暮らす。68年、長男出産(二歳六ヶ月で逝く)。73年長女出産。77年、スイスのロシニエールにあるグラン・シャレに住み、現在に至る。自身も画家として活躍。「バルテュス財団」名誉会長。モロッコ「フェズ国際神聖音楽祭」名誉委員。ユネスコの世界文化遺産を守る仕事、教育問題に携わる。“平和の芸術家(Artiste of Peace)”の称号をもつ