• ポイントキャンペーン

98歳、元気の秘密

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396611507
  • NDC分類 498.3

内容説明

いくつからでも始められる“健康生活術”を大公開。

目次

1章 明治・大正・昭和・平成―一〇〇年を健康に生きる(八〇年前、「八甲田の樹氷」が決めた運命;「一年の半分」をスキーに費やす日々 ほか)
2章 体の中から元気になるための“食事法”(便秘も治る、完全食「玄米」;噛むほどに甘みが出る ほか)
3章 何歳からでも始められる、元気な体をつくる“簡単体操”(老人には、老人に合ったトレーニングがある;首の運動で、「惚けない頭」を維持する ほか)
4章 避けられぬ怪我、病気と、どうやって前向きにつき合うか(「お医者さんとのつき合い方」を決めた、ある経験;接骨院に通うのをやめた理由 ほか)
5章 家族との「健康的な」つき合い方(冬が大嫌いだった少年時代;子供、孫へと受け継がれる資質 ほか)

著者紹介

三浦敬三[ミウラケイゾウ]
1904年(明治37年)、青森県青森市生まれ。98歳。北海道帝国大学農学部卒業後、青森営林局に勤務。青森林友スキー部の選手・部長として活躍。1955年(昭和30年)、51歳で営林局を退職後、東京練馬に在住。(財)全日本スキー連盟の技術委員を務めるなど、日本スキー界の草分けの一人であり、「八甲田の主」とも呼ばれる。現在も11月から5月まで、1年の半分近くを国内外のスキー場で過ごし、また国内外の賞を数多く受賞している現役のスキー山岳写真家でもある。還暦(60歳)で海外に遠征して以降、古希(70歳)でエベレストのシャングリ氷河を滑降するなど、節目節目で大きな海外遠征を実現している。世界七大陸最高峰からのスキー滑降を達成した、三浦雄一郎氏の父

出版社内容情報

[祥伝社販売部矢後オススメの一冊]“食事法”のレシピはとっても参考になります 毎日の食卓にぜひ!