• ポイントキャンペーン

室生寺(むろうじ)五重塔千二百年の生命(いのち)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 14X20cm
  • 商品コード 9784396611231
  • NDC分類 521.81

出版社内容情報

平山郁夫画伯推薦
木が語りかける
古代建築 悠久の知恵

奈良に息づく古代の匠たちの知恵
「軒反り(のきぞり)」の壮麗さ、「垂木(たるき)」の美しさ、「檜皮葺(ひわだぶ)き」の幽寂…日本の美に彩られた
室生寺五重塔、唐招提寺宝蔵(とうしょうだいじほうぞう)、薬師寺東塔、法隆寺妻室、春日大社本社本殿、興福寺南円堂、海竜王寺経蔵…
室生寺五重塔「斗きょう」と「垂木」
U字型にかたどられた「斗きょう」は、柱と屋根をつなぐ重要な役目を果たし、その「気組み」こそが五重塔の強さと美しさを生んでいる。その上の黄色く丸い「地垂木」と、四角い「飛檐垂木」が、檜皮葺きの美しい屋根の「軒反り」を支えている。

日本の「木造建築」と古(いにしえ)の匠の知恵を知る
                     平山郁夫
室生寺五重塔は、私も若い頃からよく通った、それは可憐で美しい塔です。
室生の山並みに囲まれて、初夏の石楠花、冬の雪景色など、四季それぞれに違う美しさ見せてくれます。
そんな塔が平成十年の台風で無惨に壊れてしまいましたが、松田さんや多くの人の力で見事に修復されてよみがえりました。
日本の木造建築というのは、古代から営々と、匠や社寺を大切にする人々の心で、大事に修理されて現代まで伝わった、世界に誇る文化財です。
古の匠や先人たちの知恵、木造建築に対する思いの深さがしみじみと伝わってきて、次の世代へとこの貴重な文化財を伝えていくために今、何が大切なのかを、もう一度考えさせられる素晴らしい一冊です。