大リーグ「悪」の管理学―勝つための人と組織の活かし方

  • ポイントキャンペーン

大リーグ「悪」の管理学―勝つための人と組織の活かし方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 266p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784396610753
  • NDC分類 783.7

内容説明

マグワイアのホームラン記録に沸く大リーグ。力と力が激突し、自由奔放に見えるその野球が、実は日本以上の「管理」下に置かれている―。大リーグ球団のフロントとして、アメリカン、ナショナル両リーグ2球団に在籍し、その球団経営の内実をつぶさに知る著者にして初めて語れる、その「悪」の真実とは?マグワイアのホームラン新記録達成を支えた大リーグ「非情」の論理…。

目次

1章 大リーグにおける「上に立つ者」の条件―日本のように事細かくサインや指示を出さない大リーグの監督。では、いったい何をするのか?
2章 鉄壁の人材養成管理システム―裾野に広がる214球団のマイナー組織。明日のメジャーを目指す6000人の選手たちを、球団はいかに“管理”しているか?
3章 「管理野球」の真の演出者たち―GMをはじめとするフロントはどのような陣容で、そこでは何が決められていくのか?
4章 絶対権力者、オーナーの“非情の経営”―大リーグ30チームの経営は、いかにして成り立っているのか。そして、それを支える経営哲学とは?
エピローグ なぜ、とてつもない記録は生まれたのか―1996年6月、カンザスシティー、カウフマンスタジアムの夜。日米、二人の鉄人の抱擁が示唆するもの