昭和天皇の研究―その実像を探る

  • ポイントキャンペーン

昭和天皇の研究―その実像を探る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784396610166
  • NDC分類 288.41

内容説明

大日本帝国の主権者であった昭和天皇が、天皇であることをどう考えていたのか、どう自己規定していたのかは、まさに昭和史の根幹にかかわる重要なテーマと思われる。この天皇の自己規定について、著者は、東宮御学問所における天皇教育の内容について、詳細、かつ論理明快に分析してゆく。

目次

1章 天皇の自己規定―あくまでも憲法絶対の立憲君主
2章 天皇の教師たち1―倫理担当に杉浦重剛を起用した時代の意図
3章 「三種の神器」の非神話化
4章 天皇の教師たち2―歴史担当・白島博士の「神代史」観とその影響
5章 「捕虜の長」としての天皇
6章 3代目―「守成の明君」の養成―マッカーサー会談に見せた「勇気」は、どこから来たか
7章 「錦旗革命・昭和維新」の欺瞞
8章 天皇への呪詛―2.26事件の首謀者・磯部浅一が、後世に残した重い遺産
9章 盲信の悲劇―北一輝は、なぜ処刑されねばならなかったか
10章「憲政の神様」の不敬罪―東条英機は、なぜ尾崎行雄を起訴したのか
11章 3代目・天皇と、3代目・国民―尾崎行雄が記した国民意識の移り変わりと天皇の立場
12章 立憲君主の“命令”
13章 「人間」・「象徴」としての天皇
14章 天皇の“功罪”―そして「戦争責任」をどう考えるか―終章「平成」への遺訓