祥伝社黄金文庫<br> 伊勢神宮の謎―なぜ日本文化の故郷なのか (新版)

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
伊勢神宮の謎―なぜ日本文化の故郷なのか (新版)

  • 高野 澄【著】
  • 価格 ¥740(本体¥686)
  • 祥伝社(2013/07発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 14時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 340p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396316150
  • NDC分類 175.8

内容説明

本書は、日本文化の故郷と言うべき伊勢神宮の2000年の歴史と、20年ごとに再建される理由など、興味深い謎を紹介。

目次

1 なぜ「内宮」と「外宮」に分かれているのか―二柱の神が祀られている理由
2 なぜ、二十年ごとに再建されるのか―莫大な遷宮費はいかにして集められたか
3 なぜ「ふたつの正殿」は“同じ造り”ではないのか―天に向かう「千木」そして「堅魚木」の秘密
4 なぜ僧侶が、伊勢神宮に参詣したのか―伊勢へ向かった僧の一団と「東大寺大仏」の謎
5 神に仕える皇女・斎宮の生活―古代から中世まで続いた“神に嫁いだ皇女たち”
6 なぜ“お伊勢参り”が全国に流行したのか―参詣を勧誘し、各地に“日常雑貨”を運んだ「御師」
7 なぜ慶応三年の「おかげまいり」は「ええじゃないか」の騒動になったのか―異様ずくめの騒ぎと倒幕派のたくらみ
8 なぜ“伊勢型紙”商人に「苗字・帯刀」が許されたのか―紀州徳川家の母港を拠点に栄えた白子商人の誇り
9 なぜ“海女伝説”が志摩に生まれたのか―寄せ来る「常世の浪」が育んだ海洋文化
10 海の難所・大王崎の“天の恵み”とは何か―海難事故が続出する村を襲った「波切騒動」の真相
11 伊勢を掌握した野望の武将たち―海を制した平清盛・九鬼嘉隆の盛衰

著者紹介

高野澄[タカノキヨシ]
1938年、埼玉県生まれ。同志社大学卒業後、立命館大学大学院で近代史を専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件