祥伝社黄金文庫<br> 人生最高のラブレター

  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
人生最高のラブレター

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784396312862
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「ほんパラ!関口堂書店」「ズームイン!!SUPER」……
マスコミで話題沸騰の本が早くも文庫化!

愛する人に伝えたい「ありがとう」
プレゼントにも最適の1冊です

遺書と思うから書くのがいやになるのです。家族や愛する人に感謝の言葉を伝えたいと考えればよいのです。「ありがとう」の気持ちを真剣に書く時、それは「人生最高のラブレター」となり、あなたの生きた証(あかし)にもなります。(「まえがきにかえて」より)

短い手紙に込められた、珠玉の人生賛歌
●私を見つけてくれてありがとう(23歳・会社員・茨城)
●封も切らずに三五八回の給料袋(51歳・主婦・東京)
●必ず告白するから、もう少し待って(15歳・学生・山形)
●こんな気持ちになれる自分を探してた(30歳・主婦・カナダ)
●あなたには母親としての資格がある(58歳・主婦・岩手)
●幽霊でもいいから出てほしい!(39歳・主婦・群馬)
●この人の奥さんと実感した日(58歳・会社員・神奈川)
●いびきはうるさいし、足は短いけれど(35歳・主婦・大阪)
●一分一秒でも永く、あなたといっしょに(54歳・主婦・東京)

【著者紹介】
1949年、静岡県出身。エッセイスト。生活デザイン研究所所長として、隠居研究会、人生最高のラブレター倶楽部などの市民活動を主宰している。本書は、テレビ朝日「ほんパラ! 関口堂書店」など、各種マスコミで紹介・絶賛された話題の書。著書に『「ご隠居」という生き方』など、多数。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

uru

0
遺書は死を意識していないうちに書くことはなかなか無いと思う。でも発行者の言う、「最愛の人へ宛てた感謝の手紙」として書くと、自分とその人へ向き合うことができると思った。この本でとりあげられている文は、一般の人からのものだけど、難しく非一般的な言い回しも多く、世の中にこういった言い回しもあるのかと何度か思わされた。もちろん思ったことをそのまま書いたようなストレートな文もあり、どれも人間らしさを感じた。全ての文におもいやりがあり、寂しい時などに見ると心が少し温まるかもしれないと思った。2018/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1818187

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。