祥伝社新書<br> 中韓が繰り返す「反日」歴史戦を暴く

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

祥伝社新書
中韓が繰り返す「反日」歴史戦を暴く

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年07月06日 06時06分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396115937
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0231

内容説明

中国は国内外での非道な振る舞いを隠し、共産党への不満のガス抜きの道具として、韓国は国内政治闘争の手段として、「反日」を使っている。アメリカ人の立場から冷静に、中国共産党の成り立ちと侵略の歴史、韓国が仕掛ける反日歴史戦を紐解き、東アジア情勢や日本の役割を分析したのが本書である。はたして、中国と日本のどちらが真実を言っているのか、韓国と日本のどちらが民主的なのか―今こそ国際社会に訴えるときだ。緊迫する香港情勢、米中貿易戦争など最新のトピックを交え、改憲論議に一石を投じる一冊!

目次

第1章 米中貿易戦争―世界中で嫌われる中共(中共に屈したNBAと、ナイキに怒ったアメリカ人;トランプの反中は安倍外交の功績 ほか)
第2章 中華人民共和国の成り立ち―人権弾圧と歴史捏造の国(恐るべき戦略性と脆弱性の共存;中国共産党の成立―山賊一味からの大復活 ほか)
第3章 中華人民共和国の侵略史―暴力と侵略を正当化してきた国(侵略と殺戮―これが本当の大虐殺史;内モンゴル―文革の名のもとに行なわれた大虐殺 ほか)
第4章 韓国―歴史を覆してまで「反日」を唱えねばならない国(百田尚樹さんと語って改めて考えた韓国のおかしさ;反日を続ける限り先進国になれない ほか)
第5章 いまこそ日本は覚悟を決めるとき(中共に平和主義を訴えても無駄である;「皇帝」化した習近平に迫る危機 ほか)

著者等紹介

ギルバート,ケント[ギルバート,ケント] [Gilbert,Kent]
1952年、アメリカ合衆国ユタ州出身。70年、ブリガムヤング大学入学。翌年、初来日。80年、経営学修士号と法務博士号、カリフォルニア州弁護士資格を取得後、国際法律事務所に就職して東京へ赴任。83年、クイズ番組に出演して一躍人気タレントへ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。