祥伝社新書<br> 間の取れる人 間抜けな人―人づき合いが楽になる

個数:

祥伝社新書
間の取れる人 間抜けな人―人づき合いが楽になる

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396110741
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0230

内容説明

お笑い芸人を真似て過剰にしゃべる人がいる一方、内気な引きこもりの人も増えている。実はその根っこは同じで、「コミュニケーションの強迫観念」と「自分へのこだわり」が横たわっている。うまく話さなきゃ、人をひきつけなきゃ、と思えば思うほど、空回りしていく会話。そんな焦りは捨てて、「間」と「沈黙」に腰を据えてみる。自分の話をするのではなく、他人の話をしてみる。そうすれば、人づき合いはぐっと楽になるし、深くなる。たとえば、家庭内の風景を思い出せば、互いに話を聞き流しながらも、間と沈黙で会話をしているのがわかる。―イッセー尾形とコンビを組んできた名演出家が教える、古くて新しい、日本人のコミュニケーション論。

目次

1章 なぜ、うまく「間」が取れないのか―コミュニケーションの極意は「しゃべらないこと」にあり(「話し方」に過剰にこだわる現代社会;「困ること」を受け入れれば、会話はうまくいく;自分ではなく「他人」に目を向けてみる;家族とのコミュニケーションに学ぶ;自分が生きてきた土地を再発見する;「言葉」よりも「身体」が大事)
2章 なぜ、イッセー尾形の一人芝居は面白いのか―平凡な生活にこそ「人間の魅力」がつまっている(イッセー尾形の芝居を、的確に説明した大学教授;美人に見せる、簡単なコツ ほか)
3章 なぜ、日本人は「恋愛大好き国民」になったのか―「恋愛」が大きく変化させてきたコミュニケーション(われわれは「小いばりの世界」に住んでいる;「安物買い」を自慢する人は、結婚願望の強い人 ほか)
4章 なぜ、「孤立無援な人」が増えているのか―蔓延する「恋愛の副作用」(浮気が繰り返されるメカニズム;恋愛には「善悪の判断基準」がない ほか)
5章 なぜ、人と楽にコミュニケーションできないのか―人生の極意は「我なし」という立ち位置にあり(自分の「思い」を、相対化してみる;「人恋しい気持ち」が生まれるまで待とう ほか)

著者等紹介

森田雄三[モリタユウゾウ]
1946年、石川県生まれ。演出家。70年、初戯曲「ボクシング悲歌」を演出。80年以降、イッセー尾形の一人芝居を演出し続ける。90年代から、イッセー尾形と二人三脚で、素人を集めた演劇ワークショップを全国各地で行なう。スイス国立演劇学校(HMT)の教授も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。