祥伝社新書<br> 都立高校は死なず―八王子東高校躍進の秘密

個数:

祥伝社新書
都立高校は死なず―八王子東高校躍進の秘密

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 268p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396110079
  • NDC分類 376.4
  • Cコード C0237

内容説明

九九年四月、着任早々の殿前康雄校長は時を惜しむように八王子東高校の“改革”に乗り出した。「意欲と指導能力のない教員の一掃」「週五日制の中での土曜授業の実施」「入試問題の自校作成」…変化を嫌う現場は猛反発したが、校長は怯まず計画を断行。学校は確実にその姿を変えていった―。私立校の後塵を拝して久しい“都立”を覚醒させた、教育界注視の辣腕指導者が綴る瞠目の「わが八王子東高校改革日誌」。

目次

はじめに 日本の『学校力』の蘇生を願って
第1章 今、学校は
第2章 八王子東高校への異動
第3章 「天の時、地の利」
第4章 再びゼロからの出発
第5章 内なる闘い
第6章 未来へ向けての闘い
第7章 生徒たち
第8章 学校力の復権―学校組織化のツボ

著者等紹介

殿前康雄[トノマエヤスオ]
1942年、東京生まれ。東京理科大学理学部理学科卒業。66年より物理科教諭として都立高校の教壇に立つ。その後、都立高校教頭、東京都教育委員会人事部管理主事、都立高校校長を経て99年4月から2003年3月まで八王子東高校の校長を務める。「進学指導重点校」に指定された同校でさまざまな“改革”を実行、その驚異の手腕は教育界の注目の的となった。現在は都下の私立大成高校校長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。