図解 木造建築伝統技法事典

個数:

図解 木造建築伝統技法事典

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 661p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784395100262
  • NDC分類 524.5
  • Cコード C3552

内容説明

21世紀に活かす棟梁たちの技を3,000余点の詳細図により図解したわが国伝統の木造技法の集大成。

目次

仕口(〓(ほぞ)
相欠
付帯要素
差口
彫と欠

屋根下地材の継
决り・小穴)
部材と仕口(軸組;屋根下地・軒廻;床組;造作)
墨道具と墨用語(墨道具;墨用語)
棟梁たちの図面
大工道具

著者紹介

深谷基弘[フカヤモトヒロ]
1942年東京都に生まれる。1967年日本大学芸術学部美術学科卒業。1972年日本大学芸術学部助手。1982年棟梁に学ぶ家設立、代表となる。1983年日本大学芸術学部助教授。1990年日本大学芸術学部教授、現在に至る

鈴木紘子[スズキヒロコ]
1940年岩手県に生まれる。大工の父及び棟梁たちから独学で建築を学ぶ。1980年生闘学舎の建設に参加。1982年棟梁に学ぶ家、設立メンバーとして参加、現在に至る