図面とデータでわかる寒さ暑さに負けない建築設計手法―穏やかな環境をつくる強い床・壁・窓・屋根

個数:
  • ポイントキャンペーン

図面とデータでわかる寒さ暑さに負けない建築設計手法―穏やかな環境をつくる強い床・壁・窓・屋根

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月12日 19時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784395023059
  • NDC分類 525.1
  • Cコード C3052

内容説明

早くから北海道の風土と格闘し、いまや「環境性能の鬼」と言われるまでになった練達の建築家。その思考と実践の記録。五十嵐淳×藤村龍至×小室雅伸による鼎談も収録。環境時代の建築家に求められるスタンスが語られている!

目次

ブロック二重積みの三角屋根―手稲の三角屋根2
二重積みの技術で石積み外壁を再利用―川沿の三角屋根
極小設備のパッシブ収蔵庫―江差町古文書収蔵庫
蓄熱と耐久性に優れた混構造―山の手コート
涼しさを求めた農家住宅―蘭越アグ・デ・パンケ農園の住宅
時々利用する建物こそ高断熱・連続暖冷房を―蘭越の落水荘
北海道仕様で関東につくる―町田コート
外張り断熱で軸組を室内環境に取り込む―当別田園コート
斜面に埋めて地熱利用―柏丘コート
木造のクリニックで蓄熱暖房を採用する―石川クリニック〔ほか〕

著者紹介

小室雅伸[コムロマサノブ]
1952年北海道帯広市生まれ。1974年室蘭工業大学建築工学科卒業。1976年室蘭工業大学大学院建築工学専攻修士課程修了。1977年北海道工業大学建築工学科講師。1984年同上退職有限会社北海道建築工房入社。1988~1990年室蘭工業大学非常勤講師。1994年有限会社北海道建築工房代表取締役。1996~2000年北海道工業大学非常勤講師。2008~2012年東海大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)