フルーツポンチ村上健志の俳句修行

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

フルーツポンチ村上健志の俳句修行

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2021年09月26日 03時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 338p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784394990062
  • NDC分類 911.306
  • Cコード C0092

内容説明

無理難題(!?)なテーマが飛び出す句会。本文→解説の順で17編を収録。特別対談やコラム、書き下ろしの巻頭俳句も!(『つむじにチョップ』『ハムで呑む』)。本のサイト「好書好日」(朝日新聞社)人気連載の書籍化!!

目次

秋雨降る豪徳寺(車の会)
蓮見舟の吟行(卯浪俳句教室)
俳句らしくない句を(小部屋句会)
王子とクリスマス(玉川大学)
膝でごあいさつ(東大俳句会)
歴史と伝統の句会(若水句会)
神保町バーでノンアル(火の会)
リアルな葛藤の追求(俳句一家「屍派」)
河童ワールドを詠みまくる(尻子玉俳句会)
触発する俳句精神(日本橋句会)
ふせんに書く即吟、〇△(真芯句会)
酒のアテを求めて西念寺(塵風句会)
蒼海の一粟の上や鳥渡る(たんぽぽ句会)
歌人が俳句をたしなむ理由(真空句会)
俳句のもと「連句」(連句ゆるり)
BL俳句にひたすら戸惑い(暫定句会)
一風変わった兼題と季語の提案(うかれ猫句会)

著者等紹介

村上健志[ムラカミケンジ]
1980年12月8日生まれ。茨城県牛久市出身。吉本興業所属のお笑い芸人。東京NSC10期生の村上と亘健太郎が2004年に結成したコンビ「フルーツポンチ」として活動中。ボケ担当。2008年、『爆笑レッドカーペット』に出演し、村上の“ウザキャラ”を前面に押し出したコントで人気を博す。2009年、『爆笑レッドシアター』レギュラーメンバーに選ばれる。現在、MBS『プレバト!!』不定期出演中。俳句の才能を発揮し、自身の句が2021年度版の中学3年生向け教科書『現代の国語3』(三省堂)や『ハンディ版 オールカラー よくわかる俳句歳時記』(ナツメ社)に収録された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

えむ女

50
プレバトの俳句の中でも村上さんの俳句とキャラが好きなので本も購読。プレバトの仕事で俳句作ってるのかと思ってた時もあるけど、本書のようにいろんな句会に参加し鍛えている。元々センスもあるのだろうけど、ボーッと生きてて理屈っぽい私には気付かないある一瞬がブワーッと広がって俳句になっている。難しい句会もあり、吟行もありリモート句会もある。好きなことをしてるって見ていても楽しい。2021/04/07

のんちゃん

32
読メ登録500冊目は、お笑い芸人村上健志さんがあらゆる句会に参加して、俳句の修行をした記録本。俳句関連の本の感想の度に記しているが、私はバラエティ番組の俳句査定のコーナーを数年前から毎週楽しみにしている。出演者の中でも自分の半径1メートルの世界を詠むことの多い村上さんの作品が1番好きだ。なのでこの本をしるやいなや購入した。読了して俳句の何かがつかめた気がした。大好きな俵万智さんとの対談では俳句と短歌の本質的な違いも理解できた。掲載俳句も楽しく、後何回も読み返して、実作のお手本、参考にしたいと思う。2021/05/10

きあら

21
フルポン村上さんの、俳句修行を綴ったWebサイトを書籍化した本。プレバトでの無垢な感じの句で馴染みがあるけど、元々は俵万智さんの影響で短歌をやられていたとか。修行もさることながら、巻末の俵万智さんや又吉直樹さんとの対談が面白く、第一線で活躍する人の凄さを見た気がする。2021/05/30

ロア ※設定変更忘れるな自分

14
たった一つの季語の中に、積み重ねられた歴史と物語が詰まってる。限られた文字数はハンデなんかじゃなくって、その逆だったのですね(*´ω`*)この本を読んで連句というものを知ったのですが、ゲーム性があってとても面白そう!私もやってみたい~。しかし、表紙なんでこれにしたのさ…(;´・ω・)2021/07/27

紀梨香

9
俳句の前に短歌を詠んでいたそうで、なるほどプレバト登場初回から素晴らしい句を詠む素養があったのだと納得しました。様々な結社があってカラーが全く違うこと、連句への挑戦、又吉さんとの対談など読み応えがある一冊でした。2021/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17614665

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。