カール・リヒター論

個数:
  • ポイントキャンペーン

カール・リヒター論

  • 野中 裕【著】
  • 価格 ¥3,024(本体¥2,800)
  • 春秋社(2010/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 56pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 23時24分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 298,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393937860
  • NDC分類 762.34

内容説明

ただ音楽のために生涯を捧げた“ミュンヘンのカントール”。指揮者として、オルガニストとして“バッハ解釈の規範”となりえた内実を探る。

目次

第1章 魂の表現者―バッハとリヒター
第2章 バッハ解釈の礎―指揮者として
第3章 霊感が降りてくるとき―鍵盤楽器奏者として
カール・リヒター フォトアルバム
第4章 演奏解釈の地平―何を、いかに
第5章 伝説の向こう側―日本のリヒター受容
第6章 新時代への架け橋

著者紹介

野中裕[ノナカヒロシ]
1966年、東京に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業後、笠原潔氏(音楽学)の指導のもと放送大学研究生を修了。東京都立高等学校に教諭として勤務のかたわら、1990年、ルネサンス・バロック音楽を専門に歌う「合唱団スコラ・カントールム」を設立してその指揮と運営にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)