内容説明

スポーツ医学を応用したすべての音楽家のための毎日のカラダづくりマニュアル。

目次

1 基本的な機能
2 音楽家の問題点
3 身体と楽器の調和
4 楽器と環境
5 身体の構造
6 心と音楽
7 トラブル解決法

著者紹介

ジュベット,ジャウマ・ルセット・イ[ジュベット,ジャウマルセットイ][Llobet,Jaume Rosset i]
バルセロナ大学で医学博士号を取得。専門はスポーツ医学および整形外科。1990年代始めからバルセロナ近郊のマンレサ総合病院で音楽家のための医療に関わるようになり、2001年には芸術医学部を創設した。現在、テラッサ芸術医学生理学学院医学部長、科学芸術財団理事、コンスタンツ=テレサ・ジストニア・プログラム共同理事

オーダム,ジョージ[オーダム,ジョージ][Odam,George]
ギルドホール音楽演劇学校(ロンドン)の調査人材教育部門長およびバース・スパ大学名誉教授(音楽教育)。作曲家でもあり、芸術に関する文筆や講演を幅広く行っている。作曲をA.ゲール、J.ハーヴェイ、H.ケラーに師事、子供のための作品は英国だけでなく広くヨーロッパやオーストラリアで演奏されている

ジーリ,アクセル・ウリベーラス・イ[ジーリ,アクセルウリベーラスイ][Gili,`Axel Oliveres i]
カタルーニャのテレサ生まれ。ラジオ・テレビ、広告代理店などで、アナウンサー、台本作家、イラストレーターとして活動。2006年晩秋、交通事故で亡くなる

中村ひろ子[ナカムラヒロコ]
1959年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。コンサートの企画制作のかたわら、編集・執筆・翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)