考える耳―記憶の場、批評の眼

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 154p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393935101
  • NDC分類 760.4
  • Cコード C0070

内容説明

超「音楽時評」。しなやかな研究の視座。音楽は歴史の中で生成・変容する…音楽文化時代を読む。

目次

原語上演か、訳詞上演か―「本格」という概念をめぐって
音楽が政治に関わるとき―国策協力という名の日常
「信仰モード」にご用心―「モーツァルト神話」とファシズム
音楽と集団的記憶
「校歌」の背景―国民音楽が意味したもの
常識とウソ―歴史観のゆらぎ
「標準」は変容してゆく
伝統のつくられ方―「ニューイヤー・コンサート」の虚実
都市の記憶、文化の記憶
正真正銘というイデオロギー〔ほか〕

著者紹介

渡辺裕[ワタナベヒロシ]
1953年、千葉県生まれ。83年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程(美学芸術学)単位取得退学。東京大学助手、玉川大学専任講師、大阪大学助教授を経て、東京大学大学院人文社会系研究科教授(美学芸術学・文化資源学)。著書に『聴衆の誕生』(1989年、春秋社、サントリー学芸賞)、『日本文化モダン・ラプソディ』(2002年、春秋社、芸術選奨文部科学大臣新人賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

昨今の政治・経済・社会の動きの中で、音楽文化のありようを論じたアクチュアルな現代批評論。