聴衆の誕生―ポスト・モダン時代の音楽文化 (新装版)

電子版価格 ¥972
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

聴衆の誕生―ポスト・モダン時代の音楽文化 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 271,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393934814
  • NDC分類 762.06

内容説明

西欧近代に成立した“聴衆”―その発展・変貌・崩壊のプロセスを検証しつつ、クラシック神話の解体現象を現代思想の視座において究明した画期的な文化論。

目次

1 近代的聴衆の成立(序―近代的演奏会の光景;演奏会システムの確立;高級音楽と低俗音楽;神話化される「巨匠」たち;集中的聴取の思想)
2 近代的聴衆の動揺―一九二〇年代(環境を浸食する「複製」;自動ピアノの饗宴;大衆文化と「前衛」作曲家たち)
3 近代的聴衆の崩壊(カタログ文化の到来;商業主義の抬頭;音楽の大衆化と「精神性」の没落)
4 新しい聴取へ向けて(軽やかな聴衆の誕生;音の復権へ;消費社会の中の「クラシック」)
補章 七年後の「ポスト・モダン」

著者紹介

渡辺裕[ワタナベヒロシ]
1953年、千葉県生まれ。83年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程(美学芸術学)単位取得退学。東京大学助手、玉川大学専任講師、大阪大学助教授を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授(美学芸術学)。本書にて1989年度サントリー学芸賞。著書に『日本文化モダン・ラプソディ』(2002年、春秋社、芸術選奨文部科学大臣新人賞)など