哲学論集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 337,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784393621943
  • NDC分類 331.72
  • Cコード C1333

内容説明

ネット社会を先駆けた哲学の新しいかたち。社会の「設計」はどこまで可能か?近代における理性の傲慢を批判し、「自生的秩序」の重要性を説く。ポスト近代はここから始まる。

目次

第1部 理性と設計の幻想(二つの合理主義;設計主義の誤り;先祖返りとしての社会正義)
第2部 社会科学ができること(見せかけの知―ノーベル賞受賞記念講演;説明の程度について;複雑現象の理論)
第3部 心と秩序の進化論(抽象的なるものの先行性;ルール、知覚、理解可能性;行為ルールシステムの変化;法秩序と行動秩序)
第4部 学者と学問(知性の二つのかたち;専門化のジレンマ)

著者等紹介

嶋津格[シマズイタル]
1949年生まれ。千葉大学大学院専門法務研究科教授。専門は、法哲学

長谷川みゆき[ハセガワミユキ]
1960年生まれ。千葉大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程。専門は、法哲学

中村隆文[ナカムラタカフミ]
1974年生まれ。鹿児島工業高等専門学校一般教育科講師。専門は、英米倫理・英米哲学

丸祐一[マルユウイチ]
1974年生まれ。千葉大学医学部附属病院臨床試験部特任助教。専門は、法哲学、研究倫理

野崎亜紀子[ノザキアキコ]
1970年生まれ。広島市立大学国際学部准教授。専門は、法哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。